健康住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自然や天然をうたった「健康住宅」というものがあります。しかし「健康住宅」であっても、家の基本性能を抑えないと健康を害することがあるケースが紹介されています。

その「健康住宅」は接着剤の揮発成分を嫌って部屋には一切壁紙を張らず、下地の板を露出させていました。一見するとログハウス風でいい感じだったのですが、住みはじめてしばらく経つと、子どもは咳き込んでしまって寝込むことが多くなり、家族も室内の空気に違和感を覚えるようになりました。

調べてみると、至る所で壁や床板が結露で湿り、数十カ所にカビが密生していたそうで、呼吸をするたびにカビの胞子を大量に吸い込む結果になってしまっていたということです。

結露の直接の原因は断熱性の悪さです。

脳卒中

また家の基本機能により起こりえるのが脳卒中です。 脳卒中を起こす原因のひとつとして「家の中の大きな温度差」があります。家の温度差が大きくなる主な原因は、家の断熱性の低さです。

シックハウス症候群

このように、断熱性が悪いと健康を害するほどの問題が出ます。一方化学建材の活用によって隙間風が減り、断熱性を高めたら高めたで「揮発性化学物質の充満」「湿気の充満」という問題がおこりました。気密性が上がった家に住んで体調不良を起こす例が相次ぎ「シックハウス症候群」と呼ばれました。

二十四時間換気システム

そこで、国は建材メーカーに対し改善を求め、今の住宅建材や壁の塗装に含まれる化学物質の量はかなり減りました。しかし「シックハウス症候群」はいまだに後を絶ちません。

簡単な話、化学物質は建材だけでなく、電化製品、家具、カーテン、衣類、衣類の防虫剤等々、あらゆる物に含まれているからです。

そこで行政側は、つねに空気を入れ換えればよいとして、新築住宅へは二十四時間換気装置 の導入を義務づけました。

換気だけでなく雨漏りにも注意を

屋根は換気の問題だけでなく、外から雨水が侵入し、湿度が高くなってもカビが発生します。
定期的なメンテナンスを怠れば、外壁に注意していても、屋根がカビだらけだった、なんてことも起こりうるのです
屋根のメンテナンスのおすすめ業者をご紹介します。
街の屋根やさん千葉です。千葉を主要地域とした屋根工事の専門店です。
興味がある方は屋根工事 千葉で検索してみてください。

Trackback URL for this entry