住宅外壁のメンテナンスにおけるシーリングについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

シーリングとは水密性・気密性を目的として、目地や隙間などに合成樹脂や合成ゴム製のペーストを充填する事を指し、コーキングとも呼ばれます。このシーリングは、外壁がサイディングで構成される場合、サイディングボード一枚一枚を張り合わせる継目の目地部分に施されています。またサイディング以外の外壁下地でも、窓などのサッシ周辺や換気扇の周り等と外壁の隙間を埋める形でシーリングが使われています。
このシーリングにも寿命があり、10年程経てば、シーリング部分にクラックが走ったりします。こうなると、シーリングのクラック部から雨水が浸透し、住宅躯体を濡らし、木材の腐食を招く恐れが生じます。サイディング下地の外壁では、サイディング部分が綺麗であってもシーリング部にクラックが走っているケースもあるので注意する必要があります。
シーリングにクラックが走っていたり、サッシ部と外壁間のシーリングが劣化している場合は、シーリング剤を塗り直すメンテナンスが大切です。またモルタル下地の古い外壁にクラックが走っている場合にも、シーリング剤を充填して処理を行い、その後に外壁塗装を行うと言った方法が採られます。
この様にシーリング剤は住宅外壁の防水メンテナンスとして一般的に用いられますが、自分でDIYでクラックをシーリングされたケースでは、シーリング剤が壁面から浮き上がっているのをよく見かけます。これでは意味がなく、しっかりとクラックの隙間にこすり込む必要があります。こうした点を考えると、メンテナンスのシーリングは、やはりプロにお願いするのがベストと言えるでしょう。

Trackback URL for this entry