住み心地の良い家

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

住み心地の良い家

「外断熱の理由」の著者、斉藤さんは、住みごこちの良い家とは「温熱環境に優れ、やわらかい暖かさや、やわらかい涼しさに包まれる、居心地のいい家」と定義づけています。

「冬暖かく、夏涼しい」だけではダメで、この「やわらかさ」という感覚が重要だそうです。

冷暖房機器を入れて常時運転させるのではダメで、家の基本性能で実現しなければなりません。 さらに「断熱性」に加えて「蓄熱性」という性能が加われば、断熱性に優れるうえに保温性も高く、温かさや涼しさが長持ちし、温度差の少ない理想的な家になります。高気密高断熱の中でも、「外断熱」といわれる住宅などがそれを実現するそうです。

住宅業界の事情

「二十四時間換気システム」が生まれた背景には、住宅業界の事情があったそうです。

「換気装置の必要性を客はなかなかわかってくれない。建築費が高くなって家が売れにくくなる。」というのが住宅業界の本音。 その結果お客さんは病人となり裁判になるケースも増え社会問題化し、行政が決めたそうです。

温熱環境・換気・強度といった目に見えない部分にお客さんは興味を持たない、あるいは施工側が理解いただく努力を怠たり、うわべだけ性能をよくしたというのが実情だといいます。


千葉外壁塗装工房では必要に応じてシックハウス症候群に配慮した塗料もそろえています。

Trackback URL for this entry